ENGLISH

にしん御殿 小樽貴賓館 (旧青山別邸・国 登録有形文化財)にしん御殿 小樽貴賓館 (旧青山別邸・国 登録有形文化財)

旧青山別邸について

にしん大尽の威信と十七歳の少女の夢が
北海道屈指の美術豪邸を残した

青山家は明治・大正を通じ、鰊漁で巨万の富を築き上げました。その三代目、政恵が十七歳の時、山形県酒田市にある本間邸に魅せられ大正六年から六年半余りの歳月をかけ建てた別荘が旧青山別邸です。
旧青山別邸は平成22年、国より登録有形文化財に指定されました。
約1500坪の敷地内に木造2階建てで建坪は190坪。家屋の中は6畳~15畳の部屋が18室、それぞれに趣が異なり、金に糸目をつけず建てられた豪邸です。

▸ もっと詳しく読む

旧青山別邸のみどころ

旧青山別邸は国からも登録有形文化財にも指定されている北海道屈 指の美術豪邸です。その一部を写真を交えてご紹介します。

▸ 館内みどころへ

入館料について

旧青山別邸の観覧の際の料金です。(税込)

大人(中学生以上)1,080円
子供(小学生)540円
団体割引(10名様以上)970円*
修学旅行中学生以上:540円
小学生:320円

*団体割引(10名様以上)に子供料金はありません